薄毛治療ガイド > 年齢によって異なる薄毛・AGA対策

年齢によってなる薄毛・AGA対策

年齢別に紹介!正しい薄毛・AGA対策

以下の各ページでは年代別にそれぞれの薄毛・AGA対策法を紹介しています。AGAハゲの悩みは中年になってから!と、思っている方も多いかもしれませんが、最近は薄毛の発症年齢が低下し、10代、20代から薄毛の兆候が現われ始める男性も少なくありません。

薄毛はひとくくりにされがちですが、実は年齢によって原因や対策法は少しずつ異なります。効率よく薄毛を予防・改善するためにも、原因に適した対策法を覚えておきましょう。

30歳前後
AGAになりやすい理由

  • 生活習慣の乱れが最大の原因

    AGAの年齢別発症率の調査によると30代で発症する人は12%という報告が出ています。つまり8人に1人が発症していることになります。早い年齢から発症する原因は人それぞれ異なりますが、生活習慣の乱れ、偏った食生活、睡眠不足、ストレス、飲酒、喫煙、頭皮環境の悪化などが挙げられます。特に、生活習慣の乱れによる影響が大きく、知らないうちに薄毛が進行してしまうこともあります。

年齢わらず
AGAになりやすい

  • 頭皮の血行不良が薄毛を引き起こす

    AGAは年齢だけが発症の原因ではありません。実は10代、20代でもある特徴にあてはまる人は、注意が必要です。例えば、両親、祖父、叔父など親族に薄毛の方がいる場合は、薄毛の遺伝子を受け継いでいる可能性があります。また、睡眠不足、夜遅い食事(しかも外食が多い)、ストレスが多い人は血がドロドロになっている可能性があります。頭皮が血行不良だと毛髪をつくる細胞に栄養素が届きにくくなるため、AGAの原因になります。

page top