10代~20代の薄毛事情

早めが肝心!10代~20代の薄毛対策

「若ハゲ」という言葉がある通り、10代、20代だからと言って油断は禁物。放っておくと薄毛が進行してしまう可能性もあります。まずは薄毛が起こる原因を知り、正しく対策していきましょう。

10代~20代
こってしまう若ハゲとは

  • 若い世代でも薄毛で悩んでいる人は多い

    若ハゲというのは10代~30代に起こる薄毛のことをさします。10代、20代でM字ハゲやバーコード…という悩みはまだ無いかもしれませんが、髪質や生え際、頭頂部を見て「やばい、もしかして…」と思った経験はありませんか? 実は若い世代でも薄毛に悩んでいる人は多く、気になり始めた頃には薄毛の進行が始まっているケースもあります。

  • こんな人は要注意!

    10代から20代を迎えると、薄毛が気になり始める方もいるでしょう。しかし、程度によっては心配がいらないケースもあります。たとえば髪にコシやボリュームがなくなった場合。それはそのときのストレスが関係しているかもしれません。20代は初めての就職で引っ越しをしたり、仕事で重要な役回りを任されたりと、環境の変化にストレスを感じやすい時期。一時的に薄毛が目立ってしまうケースもあることでしょう。

    しかし、以前に比べて抜け毛が増えてきたという方や、明らかに生え際が後退している方の場合は、若はげの可能性があります。早めの対策を考えたほうが良いでしょう。

  • 薄毛対策は早めに!

    20代の若いうちは、「薄毛対策をするのはもっと年配になってからでいい」「今から始めるのは恥ずかしい」と考える人も多いです。また、まだ初期段階であることから「まだ大丈夫だろう」と思って対策をしていない方もいるかもしれません。

    しかし、放っておくと薄毛はどんどん進行するばかりです。毛穴がなくなるところまで進行してしまうと、二度と髪は生えてきません。こうならないためにも、できるだけ早急に対処することが大切なのです。

    対策は早ければ早いほど、薄毛の改善がしやすくなります。育毛剤を利用する、病院で治療するなど、できることから始めていきましょう。

10代~20代薄毛原因

では、なぜ10代~20代でも薄毛が起こるのか、原因を見ていきましょう。

  • 男性ホルモンの影響

    薄毛は男性ホルモンのひとつであるジヒドロテストステロンの分泌量が増えると急激に進行すると言われています。10代、20代はホルモンの分泌が活発な時期なので、このジヒドロテストステロンも急激に増加します。ただし、ジヒドロテストステロンが増えても、体質によっては薄毛にならないケースもあります。

  • 栄養バランス

    薄毛は食生活も原因のひとつです。たとえば肉をたくさん食べて摂取する脂質が多くなると、頭皮に老廃物が溜まりやすくなります。溜まった老廃物を放置すれば頭皮の状態が悪化して、薄毛を引き起こすのです。また、偏った食事では髪に必要な栄養を摂取することができず、強い髪が育たない場合も。栄養が足りずに痩せ、細くなった髪の毛はそのまま抜け落ちてしまうので、薄毛も進みやすくなります。

  • 生活リズム

    生活リズムに波がある方、睡眠不足の方は、薄毛に注意が必要です。睡眠は人間の体を休ませ、回復するとても重要な時間。もちろん、髪や頭皮に溜まったダメージを回復する時間でもありますから、不足すると回復時間をとることができません。意外かもしれませんが、髪は日頃、紫外線を受けたり、ちょっと掻いたりするだけでもダメージを受けています。こうしたダメージを夜の間に回復できないことが、薄毛につながってしまうのです。

  • 喫煙

    喫煙の健康被害はよく知られていますが、頭皮や髪にも悪影響を与えやすいため、注意が必要です[注1]。喫煙すると血管が収縮するため、血の巡りが悪くなります。これにより、頭皮に必要な栄養が行きわたりづらくなるためです。喫煙を繰り返すことで、体はもちろん頭皮の代謝も衰えてしまうため、結果として紙が痩せ、薄くなっていきます。また、喫煙によりビタミンやミネラルなど、髪にとって大切な栄養素を消費してしまうことも薄毛につながる原因のひとつです。

  • ストレス

    先ほど、薄毛は血行不良が関与しているとお話ししましたが、ストレスが続くと交換神経が活発になり、血管の収縮が起こります。血管が収縮すると血行が乱れるため、当然、血流にのって運ばれてくる栄養素が届きにくくなってしまいます。ストレスは万病の元と言いますが、髪にも大きなダメージを与えるのです。

  • 頭髪環境

    頭皮のかゆみやフケ、ベタつきなど頭皮環境が悪い人は、頭皮が炎症している可能性があります。頭皮に炎症が起こると毛根がダメージを受け、発毛サイクルが崩れてしまうため、結果的に薄毛や抜け毛を引き起こします。フケやかゆみがある人は頭皮に異常があるサインです。放置せず、専門医を受診しましょう。

  • 遺伝

    生活習慣や頭皮環境にも薄毛の原因は数多く隠れていますが、若いうちに薄毛になる場合は、ご家族からの遺伝である可能性も考えられます。近年、薄毛にかかわる遺伝子である「アンドロゲン受容体」、「5a-リダクターゼ」が発見され、これらを持つ方は薄毛になりやすいことがわかりました。この薄毛になりやすい遺伝子は、基本的に母親から遺伝すると言われています。母方の祖父が薄毛の方は、遺伝が原因で薄毛になる可能性が高いでしょう。

  • 寝る前の食事

    髪や頭皮は寝ている間にダメージを修復しています。しかし、この時間にお腹に食べ物が入っていると、血液は消化のために胃に集中することに。血流が十分でなければ、髪や頭皮は栄養を取り込めないため、髪を作ることができません。また、寝る直前の食事は太りやすい体質を作ります。太ってしまうと血の巡りが悪くなるため、こちらも健康な髪を守るなら避けたい習慣です。寝る3時間前までには食事を終えるように意識しましょう。

  • 過食

    寝る前の食事と同じように、過食もまた、肥満を招く原因。太ることは、血の巡りが悪くなる、内臓に負荷がかかって栄養をとりにくくなる、汗をかきやすくなって頭皮に老廃物が溜まるなど、髪や頭皮にとって悪い影響を及ぼします。特に、頭皮や髪は体の末端とも言える部分。一番栄養が行きわたりづらいため、しっかり血の巡りを良くしておく必要があります。薄毛を進行させないためにも、食べすぎ・太りすぎには十分注意しましょう。

  • 過度なダイエット

    肥満は髪に良くない影響を与えますが、逆にダイエットのために過剰な食事制限をすることも、薄毛の原因です。抜けにくい髪を作るには、ビタミンやミネラルなどのさまざまな栄養が欠かせません。しかし、食事を制限することによって摂取できる栄養が減ってしまうと、髪も元気を失ってしまいます。髪は体のなかでも、生きるためには必要のない部分です。体は生命維持に重要な部分を優先して栄養を補給するため、髪などは優先順位が低く、栄養が不足しやすいのです。

  • 外食

    外食が多い人も要注意です。外食は脂肪分や塩分の多いものを摂取してしまいがち。脂っぽいメニューは皮脂の過剰分泌を招き、頭皮の毛穴をつまらせてしまいます。また、塩分のとりすぎは肝機能を低下させて血の巡りを悪くしますから、頭皮への栄養伝達が妨げられてしまうのです。さらに、脂質や塩分のとりすぎは肥満の原因でもあります。外食が続いて太ると、血の巡りが悪くなる、頭皮に老廃物を溜まりやすくするなどの弊害も。外食が避けられない場合も味付けの濃いものや野菜の少ないメニューは避けたほうが良いでしょう。

10代~20代薄毛対策

では、将来の薄毛や抜け毛を予防するためにはどうすれば良いのでしょうか。薄毛対策は早め早めがとても大切です。今からできる対策法をまとめましたので、ぜひ実践してください。

  • 食生活の見直し

    髪を元気に育て、頭皮の環境を改善するためには、普段の食生活に少し気を配らなければなりません。髪の成長には、ある程度決まった栄養素が必要になるためです。では、どんな食べ物をとれば髪に十分な栄養を与えられるでしょうか。

    効率よく髪に必要な栄養分がとれるのが、納豆です。髪の主な成分となるたんぱく質や、頭皮の新陳代謝を高めるビタミンB2、さらには薄毛の元となるホルモン分泌を抑えるイソフラボンを摂取することができます。

    また、同じくたんぱく質やビタミン類を豊富に含むレバー、ビタミンと血行を良くし、代謝を高めてくれる鉄分を含んだ緑黄色野菜なども注目しておきたいところです。これらをバランス良く取り入れ、体の内側から薄毛対策を行いましょう。

  • 睡眠の確保

    十分な睡眠をとることもまた、薄毛の対策として欠かせません。これは寝ている間に髪や頭皮のダメージを修復するためです。しかし、「十分な睡眠っていったいどれくらい?」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

    理想としては8時間ほどあると良いですが、最低でも6時間は眠りましょう。また、横になる時間を確保するというだけでなく、ぐっすりと眠ることを意識してみてください。熟睡するためのポイントは、睡眠周期を意識して眠ることです。

    人の睡眠周期は、一般的に90分が1サイクルであると言われています。つまり、90分単位で睡眠時間を考えると、理想的な睡眠になりやすいのです。たとえば6時間は90分×4回分ですから、質の良い睡眠がとりやすいと言えるでしょう。

  • 禁煙

    タバコは髪にとって大敵です。しかしながら、睡眠時間の確保や食生活の改善に比べて、禁煙はなかなか実行できません。まずは減煙してみようとする方も多いのですが、吸いながら控えていくことで禁煙に成功する可能性は低いでしょう。禁煙を決めたらすっぱりと吸うのをやめておきたいところですが、ヘビースモーカーが自らタバコを控えるのは至難の業です。

    自力で禁煙はできそうにない、という方は、禁煙外来など外の力を借りてみましょう。周りに禁煙を宣言して注意してもらうといった方法もおすすめ。周りに協力してもらいながらであれば、自分一人で取り組むよりも効果がある場合が多いです。

  • スマホ・パソコンの使用制限

    スマホやパソコンの使用を控えることも、薄毛対策として有効です。ゲームや動画を見ていて画面を長時間見続けることは、眼精疲労や肩こりを招き、血の巡りを悪化させます。血流が悪くなると髪や頭皮に必要な成分が届きづらくなってしまうため、髪にも悪影響を与えるのです。

    また、眼精疲労や肩こりからストレスが溜まり、食欲不振や睡眠障害を招いてしまうこともあるでしょう。栄養不足や睡眠不足も髪に良くない影響を与えます。スマホやパソコンはこまめに休憩をはさみ、凝りをほぐすように心がけましょう。

  • 運動

    適度な有酸素運動を繰り返すことは、薄毛の対策に良い効果をもたらします。大きな理由のひとつが、血流の改善効果です。血流を良くすることは、髪や頭皮に十分な栄養を行きわたらせるために欠かせません。

    また、運動はストレス発散にも役立ちます。ストレスもまた、溜めこむことで薄毛の原因になってしまうため、気持ちよく体を動かして精神的な負荷を減らすことが大切です。

    さらに、有酸素運動により汗をかくことで、薄毛の原因となるホルモンのジヒドロテストステロンを一緒に排出することも可能。運動習慣のない方は、ランニングやウォーキングなど、無理のない程度の運動を取り入れていきましょう。

  • 頭髪環境を整える

    頭皮の炎症を防ぐために、毎日髪を洗い、頭皮を清潔に保ちましょう。ただし、シャンプーをする際にゴシゴシと力を入れて洗うと頭皮を傷つけてしまうので、指の腹で優しく洗うことを心掛けてください。また整髪料を使う人も多いと思いますが、整髪料は頭皮に刺激を与えてしまいます。頻度を少なくするか、毎日しっかり洗い流すようにしてください。

めにプロ診断
けることをオススメします

正しい対策に早めに取り組むことが大事

上記で対策法をご紹介しましたが、薄毛やAGAの原因は人それぞれ異なります。最も効率よく対策できるのは、やはりプロの手を借りることです。今では、AGAに特化した専門のクリニックも増えています。クリニックで医師の診断を受けることが最もおすすめの対策です。

page top