40代以上の薄毛事情

まだ間に合う!40代の薄毛対策

20代、30代では生活習慣の乱れの影響を受けている人が多いですが、若さのピークを超えた40代になると、少し状況は変わり、明らかな老化現象として“薄毛”の症状が現れるようになります。40代以降の薄毛は何が原因なのか、また、薄毛の予防・進行を防ぐための対策法についてもご紹介します。

40代
こってしまう薄毛とは

40代は老化による薄毛の進行が目立ってくる時期。男性型脱毛症の年齢別発症率を見ると40代では32%となります。30代では12%ですから40代を境に薄毛を発症する人が一気に増えることが分かりますね。

なぜ、40代になると薄毛人口が一気に増えるのか。それは、この世代は代謝機能や免疫力が低下するため、生活習慣を改善しただけでは薄毛の進行を食い止められなくなるから。細胞の代謝が衰えると髪の毛が生え変わる毛周期も崩れていくため、髪も抜けやすくなってしまうのです。

40代以上薄毛原因

40代の男性は働き盛りで仕事は大忙し。休日は家族サービスに駆り出され公私共にフル稼働という人も少なくないでしょう。もちろん、どんな環境でもマイペースを貫く男性もいますが、大半の方は、良くも悪くもどこかで無理をしてしまいがち。ストレスや生活習慣の乱れが生じてしまい、それが頭皮にも影響してしまうようです。

  • ストレス

    仕事では責任のあるプロジェクトを任されたり、上司と部下の間に立ったり、何かと苦労が絶えません。また私生活では家族優先で思うように自分の時間が取れず、ストレスを抱え込みがちです。ストレスは血管の収縮を起こし、血行不良を招くため、髪に十分な栄養が行き渡らなくなってしまいます。

  • 睡眠不足

    若い頃は睡眠時間が多少短くても体は機能したかもしれません。しかし、40代以降は肉体的疲労も精神的疲労も回復に時間がかかるため、十分な睡眠時間が必要となります。また、髪の毛は寝ている間に生まれ変わるため、睡眠時間が少ない=髪の成長に悪影響を及ぼします。

  • 頭皮環境

    慢性的なかゆみ、フケがある人は頭皮に炎症が起きている可能性があります。頭皮に炎症が起こると毛根にダメージが与えられ発毛サイクルが崩れてしまうので、放置するのは厳禁です。日頃から整髪料を常用している人、カラーやパーマを繰り返している人は要注意です。

  • 何も対策をしていない

    当然のことですが「40歳だし抜け毛が増えのは仕方ない」「今さら何をやってもムダ」と諦めている人は、「頭皮に良いことを心掛ける」なんて考えには及びませんよね。生活習慣も食生活も若い頃のままという人は薄毛の進行が早まります。

  • AGA(男性型脱毛症)

    男性ホルモンのひとつジヒドロテストステロンの分泌量が増え、さらに、5αリダクターゼという受容体と結合すると、脱毛スイッチが入ってしまい、髪の成長が止まってしまいます。

40代以上薄毛対策

40代以降の薄毛はほぼAGA(男性型脱毛症)が原因と考えられます。そのため、生活習慣や食生活の改善、ストレス発散、十分な睡眠、禁煙などの対策をしても根本的な対策にはなりません。

新陳代謝が活発な若い頃であればある程度セルフケアでも改善できますが、40代以降の薄毛はクリニックで専門的な治療を行うことが必要となってきます。

最近では、薄毛治療を扱う皮膚科、美容皮膚科のほか、AGA治療専門の男性専用クリニックも増えています。クリニックの無料カウンセリングで自分の毛髪や頭皮の状態を把握することが、薄毛改善の一番の近道となるはずです。

めにプロ診断
けることをオススメします

あきらめるにはまだ早い

薄毛の対策法をいくつか紹介してきましたが、40代以上で薄毛に悩んでいる方はすぐにでも薄毛治療のプロである専門医に診察してもらい、症状に合った治療法を提案してもらうべきです。まだまだ間に合いますので、あきらめる必要はありません。

page top