薄毛治療ガイド > 予防・対策のために知っておきたい薄毛・AGAの原因

予防・対策のために知っておきたい
薄毛・AGAの原因

薄毛・AGAの原因を知って予防や対策を行いましょう

手遅れになる前に薄毛を予防・改善したい!そんな方は、早めに対策を始めることがとても大切です。髪トラブルのなかでも最も深刻な問題となる薄毛や脱毛は「毛穴をふさぐ皮脂」「遺伝」「男性ホルモン」「頭皮の血流悪化」など、さまざまな原因があるとされています。
一方で、「毛穴をふさぐ皮脂」「遺伝」「男性ホルモン」「頭皮の血流悪化」は薄毛やAGAの原因ではないという説もあるようです。相反する二つの意見を耳にするのはなぜなのでしょうか?
以降のページでは、それぞれの原因の根拠、実際に薄毛を引き起こすのか、など詳しく解説しています。

  • 毛穴をふさぐ皮脂

    毛穴をふさぐ皮脂

    皮脂によって毛穴がふさがれてしまうと毛髪が細くなり、髪も抜けやすくなる…という説がありますが、その説は半分正解で半分不正解です。皮脂が詰まることが薄毛を引き起こすことはありません。むしろ、皮脂は頭皮にとって、なくてはならない存在。それなのに、巷では皮脂=悪と捉えられてしまっています。皮脂が薄毛の原因という説はどこから広まったのか、そもそも皮脂の役割とは?頭皮と皮脂の関係を詳しくご紹介します。

  • 遺伝

    遺伝

    「親がハゲだと子どももハゲる」という説も、暗黙の了解として存在していますね。しかし、AGAを発症している人の全体のうち、遺伝が原因となる薄毛は25%程度であることをご存知でしょうか?つまり、親から薄毛の遺伝子を受け継いだとしても、必ず毛髪が薄くなってしまうわけではありません。遺伝だから仕方がない…と諦めることはないのです。このページでは、薄毛遺伝子のメカニズムや遺伝子検査についてご紹介します。

  • 男性ホルモン

    男性ホルモン

    「男性ホルモンが多い人はハゲる」。これも誰もが一度は聞いたことがあるであろう噂ですが、こちらも直接的な原因とは言い切れません。毎日筋トレをしてムキムキな人も、精力旺盛で男性ホルモンがみなぎっている人も、それだけでハゲることはないのです。薄毛になってしまうのは、男性ホルモンが変異したジヒドロテストステロンが増えてしまうから。では、ジヒドロテストステロンはどうして増えてしまうのでしょうか?男性ホルモンと薄毛の関係をまとめてみました。

  • 頭皮の血流悪化

    頭皮血流悪化

    結果から言いますと、薄毛の原因としてささやかれている説はいくつもありますが、直接的な原因となるのは「頭皮の血流悪化」です。頭皮の血流が悪化すると毛母細胞に栄養が行き届かなくなり、発毛機能が作動しなくなってしまいます。例えばクリニックでAGA治療をする場合、頭皮の血流改善はどの治療を行う際にも最も根本的な対策として必要不可欠なものとなります。ここでは、頭皮の血流悪化と薄毛の関係、おすすめのセルフ改善法、クリニックでの具体的な治療法をご紹介します。

  • 睡眠不足は薄毛の原因!?
    睡眠と薄毛の関係を解説

    睡眠不足が続くと薄毛になるといわれることが多いようです。実際に、睡眠不足で抜け毛が増えたという方もいます。睡眠と薄毛にはどのような関わりがあるのでしょうか。男性の薄毛の主な原因といわれるAGAとも関わりがあるのでしょうか。気になる方に向けて、薄毛と睡眠の関係を詳しく解説します。併せて、薄毛対策にオススメの睡眠のとり方も紹介します。睡眠不足が続き、何となく抜け毛が増えた、薄毛が進行したと感じている方は参考にしてください。改善のきっかけになるかもしれません。

page top