頭皮血流悪化

頭皮の血流悪化が薄毛を引き起こす理由

AGA(男性型脱毛症)の原因は、さまざまで諸説ありますが、なかでも根本的な原因と言われているのが血行不良です。
私たちの髪の毛は、血液によって運ばれてきた栄養を毛乳頭や毛母細胞から受けて成長しています。そのため、頭皮を流れる血管の流れが悪くなると、毛母細胞までしっかり栄養が行き届かなくなり、髪が弱々しくなり、十分に成長できないまま抜け毛を引き起こしてしまうのです。
また、体の仕組み上、心臓から離れた場所にある毛髪はただでさえ血管の流れが悪くなりやすい場所です。しかも、内臓や筋肉などの臓器に比べると髪の毛は生死に関わる器官ではないため、栄養を届ける優先順位は最も低いと言われています。 つまり、頭皮は血行が悪くなりやすく、意識して血流を改善させないと薄毛や抜け毛が起こってしまうのです。

血流くなりやすいのは頭皮硬い部分

とくに、頭皮の硬い部分は血流が滞りやすいので要注意です。頭皮が分厚い所は柔らかく、皮が薄い所は硬くなっているのが分かると思います。頭皮の硬い部分は皮が薄いので、血管が細くなりがちです。そのため、栄養が十分に届いていない可能性があります。
頭皮が硬くなりやすいのは、頭頂部のつむじ付近や額の生え際など。この部分は、確かにAGA特有の症状が起こる場所ですから、血流悪化が薄毛に影響しているのは間違いないと言えます。

毎日実践!頭皮血行不良改善法

頭皮の血行を改善すると言っても、難しいことではありません。生活の一環として、毎日手軽にできる対策があるので、ぜひ覚えていただければと思います。

  • 半身浴

    半身浴は全身の血流改善を促すことが分かっています。全身浴だと体力を消耗させてしまいますが、半身浴は体の負担も少ないため、じっくり温めることで自然と老廃物が排出され、血流も無理なく改善できます。半身浴は20分前後を目安に続けると良いでしょう。

  • 適度な運動

    ストレッチやエクササイズ、ウォーキングなどの運動をすると血の巡りが良くなります。軽い運動でも構いませんので、毎日の生活に取り入れていきましょう。薄毛が改善できるだけでなく、全身の体の動きがスムーズになり、体も軽く感じられるようになるはずです。

  • 首や肩の凝りをほぐす

    首や肩の凝っている部分は血流が滞っています。ここが凝っていると、頭のてっぺんにある毛母細胞まで血が行き届きにくく、頭皮の血行不良を起こしてしまいます。首と肩の凝りを解消し、血流をスムーズにしてあげることも意識しましょう。

  • 禁煙

    百害あって一利なしと言いますが、毛髪や頭皮にとってもタバコは悪です。タバコは血流不良の大きな原因となります。タバコに含まれるニコチンを摂ると、脈拍が早くなり、血管が収縮して血流が悪くなります。さらに、悪化すると血管の詰まりを引き起こす恐れもあります。

頭皮血流悪化改善する効果がある
「血流改善ガス治療」

  • 血流改善ガスで血流が増加する理由

    私たち人間の体は常に酸素の量が一定に保たれています。しかし、酸欠状態になると体はSOSを出し血管を拡げて血流を改善させ、治そうとします。この働きを応用したのが血流改善ガス改善法です。頭皮に血液改善ガスを注入すると、毛母細胞等が酸欠状態になるため、頭皮の血管が拡張され、血行が良くなるのです。また、外からのアプローチとなる育毛剤とは異なり頭皮に直接浸透させるので、より高い効果が期待できます。

  • 栄養治療との併用で効果倍増

    血流改善ガスに加え、発毛を促す成長因子を注入する栄養注射を行うことで、さらに高い血流改善効果も期待できます。ただし、この栄養注射も頭皮の血行不良が改善されないまま行っても意味がありません。まずは、頭皮の血行不良を治し、そのうえで栄養注射を行うことが大切です。

血流改善ガス治療とは

  • 頭皮の血流悪化を改善する効果がある「血流改善ガス治療」

    血流改善ガス治療とは、血流を改善する効果があるガスを頭皮に直接注入する治療法です。都内であれば、恵比寿美容クリニックで行っています。40代、50代でも数分間治療するだけで20代の頭皮の状態に戻せるという、画期的な治療法です。

page top