遺伝

遺伝が薄毛の原因になるというのは本当?

薄毛の原因は色々ありますが、昔から有力説として言われ続けているのが遺伝です。ハゲている人の父親や祖父もやっぱりツルツルだった…というケースも多いですし、遺伝と薄毛は関係している気がしますね。
実際に、近年のさまざまな研究から薄毛には遺伝が関与していることが分かってきており、遺伝によって薄毛が引き起こされるというのは間違いではなさそうです。もし、両親が薄毛の遺伝子を持っていたら、人よりも早く薄毛が進行する可能性も高いのです。
とはいえ、遺伝による薄毛は全体の25%程度しかないと言われています。残りの80%近くは遺伝以外の原因で薄毛になっているということです。親から薄毛の遺伝子を受け継いでいても、“絶対にハゲる“というわけではないようです。

薄毛遺伝子とそのメカニズム

  • 薄毛のカギを握るアンドロゲン受容体とは

    では、遺伝によって薄毛になる人とならない人の違いはどこにあるのでしょうか。その違いを比べた調査によると、X線染色体にある「アンドロゲン受容体(アンドロゲンレセプター)」に大きな違いがあると報告されています。 男性の染色体はXY型、女性はXX型です。ですから、男性の場合、X染色体は母親から受け継がれていることになります。ということは、薄毛の遺伝子は父親ではなく母親から遺伝されると考えられますね。

  • 母親が薄毛じゃなければ安心?

    薄毛の遺伝子はX染色体が関係している。それなら、母親が薄毛でなければ安心と思ってしまいますよね。しかし、一概にそうとは言えません。なぜなら、女性の場合は薄毛の遺伝子を持っていても、体の仕組み上、薄毛になりにくいからです。
    女性には女性ホルモンという頼もしい味方がいて、薄毛を引き起こす男性ホルモンの働きを抑制してくれます。だから、男性よりも薄毛に悩む女性の比率は少ないのです。そのため、母親の毛髪を見ただけでは、薄毛の遺伝子があるかどうかは判断できません。

  • 薄毛遺伝子は母方の祖父から受け継がれる

    よく、薄毛は隔世遺伝されると言いますが、これは遺伝子学的にも的を射ている話で、ハゲは母方の祖父から受け継がれる可能性が高いことが分かっています。
    母方の祖父がハゲていたら、母も薄毛遺伝子を受け継ぎ、さらにあなたも薄毛遺伝子を持っている可能性が高いのです。反対に、祖父がフサフサという人は、薄毛の遺伝子を受け継いでいないため、遺伝の要因としては安心できると言えます。

  • もうひとつの薄毛遺伝子5αリダクターゼとは

    薄毛遺伝子にはもうひとつ、5αリダクターゼというものがあります。これが活発に働いていると男性ホルモンとの結合が促され、薄毛を引き起こす超強力な男性ホルモン、ジヒドロテストステロンが増殖します。
    残念なことに、5αリダクターゼの活性力が高い体質は優性遺伝となるため、両親のうち一人でも5αリダクターゼの活性遺伝子を持っていると、子どもは高い確率で薄毛を引き起こしてしまうのです。

薄毛遺伝子有無検査かる

自分が将来ハゲる可能性があるのか…。不安な人は遺伝子検査を受ける方法もあります。遺伝子検査は口内の粘膜から採取し、男性ホルモンの感受性に関わる遺伝子を調べるものです。薄毛の発症リスクはもちろん、薬に対する感受性を知ることができます。検査費用は、クリニックで受ける場合は、20,000円くらい。遺伝子検査キットを使い個人で受ける場合は13,000円くらいが相場です。

遺伝だからと諦めないことが大切

母方の祖父がハゲている人も、検査を受けて薄毛の発症リスクが高いと診断された人も、諦めることはありません。 なぜなら、薄毛やAGAの予防、対策として有効なのは頭皮の改善だからです。薄毛の遺伝子はあくまで薄毛になる原因のひとつであって、それだけの理由で薄毛になるとは言えません。むしろ、薄毛の遺伝子がなくても頭皮の環境が悪ければ薄毛や脱毛が起こってしまうのです。

薄毛回避するためにをつけたいのは
「頭皮の血流悪化

薄毛予防は血流改善が何よりも大切です。血流悪化がなぜ薄毛を引き起こすのか、以下のページで分かりやすく解説していますので、参考にしてみてください。

page top