男性ホルモン

薄毛と男性ホルモンの関係性

多くの男性を悩ませる薄毛。近年ではAGA(男性型脱毛症)という言葉も普及するようになりましたね。AGAは生え際が後退しておでこが広くなったり、頭頂部の髪が薄くなったりする、男性特有の症状です。
そして、男性特有の症状ということから男性ホルモンと薄毛は密接な関係があることが分かっています。しかし、男性ホルモンそのものが影響しているわけではなく、男性ホルモンが薄毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることが直接の原因となります。
「男性ホルモンが多い人はハゲる」という説がありますが、それは厳密に言うと不正解。男性ホルモンがみなぎっている人でも、ジヒドロテストステロンに変換されなければ薄毛になる心配はないのです。
では、どうして男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変化してしまうのでしょうか。

男性ホルモンAGAこすメカニズム

  • 薄毛発症に関与する5αリダクターゼ

    男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変化する際に関わっているのが、5αリダクターゼという物質です。5αリダクターゼは、皮脂や毛乳頭に多く存在していて、男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変換することで、AGAを進行させてしまいます。ジヒドロテストテロンは、超強力な男性ホルモンで、5αリダクターゼと結びつくことで毛母細胞の活動を低下させ、髪の成長を妨げる脱毛スイッチを入れます。

  • 成長期の途中でも脱毛スイッチが入ってしまう

    さらに恐ろしいのが、成長期の途中だろうが関係なく脱毛スイッチが入ってしまうことです。
    髪の毛には、細胞分裂を活発に繰り返すヘアサイクルがあり、「成長期」「後退期」「休止期」の3つに分かれています。
    しかし、ジヒドロテストステロンにより脱毛指令を受けてしまうと、髪に栄養を届ける必要がないと判断されてしまいます。そして、毛母細胞の血流は低下し、髪への栄養補給もストップしてしまうので、本来の寿命よりも早く抜け落ちてしまいます。さらに、抜け替わるたびに毛も細くなり、薄毛を引き起すことになります。
    5αリダクターゼの感受性の高さは個人差があり、遺伝的要素が関係していると言われています。若くから薄毛を発症している人は、5αリダクターゼの感受性が高いのかもしれませんね。

  • 男性ホルモンそのものは薄毛に関係ない

    上記のように、男性ホルモンそのものが薄毛を引き起こすわけではありません。毎日筋トレをしてマッチョになっている人も、精力旺盛で男性ホルモンがみなぎっている人も、ジヒドロテストテロンに変換されず、5αリダクターゼに結びつくことがなければ、薄毛になることはありません。

  • 5αリダクターゼを抑制する方法

    ちなみに、5αリダクターゼは、クリニックで処方されるフィナステリドという薬で抑制することができます。個人輸入で入手することもできますが、副作用があり取り扱いには注意が必要な薬なので、専門医による管理下で使用するのが望ましいです。また、市販の育毛剤や育毛シャンプーでは対策が難しいと言われています。本気で治したい方はクリニックで治療を受けることをおすすめします。

頭皮血流維持・改善することで薄毛対抗

上記で、ジヒドロテストステロンによって脱毛指令を受けた毛母細胞は、血流が低下し、栄養が届けられない状態になると説明しました。
AGAのリスクがある人、発症している人はとにかく頭皮の血流悪化を阻止することが対策の基本となります。

薄毛回避するためにをつけたいのは
「頭皮の血流悪化

血流悪化がどのように薄毛を引き起こすのか、以下のページで解説していますので、参考になさってみてください。

page top