薄毛治療ガイド > 毛髪・薄毛に関する基礎知識 > 薄毛対策に効果的な食べ物

薄毛対策効果的

食べ物にも注意して薄毛対策をしましょう

ここでは、薄毛対策に効果的な食べ物と栄養素について、また、反対に薄毛を進行させてしまう食べ物とその原因についても紹介しています。ぜひ薄毛対策の参考にしてみてください。

薄毛効果的食べ物一覧チェック!

薄毛対策に効果的な食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか?以下に、一覧にしてみました。なぜその食べ物が有効なのかという理由も一緒に解説します。

  • レバー

    髪の主成分・たんぱく質を含むほか、頭皮の新陳代謝を促すビタミンB群、細胞分裂を正常化して頭皮環境を良く保ってくれるビタミンAが多く含まれます。ビタミンB2には皮脂分泌を抑える働きもあり、頭皮の皮脂が気になる人もおすすめです。

  • 納豆

    髪の元となるたんぱく質が多いほか、大豆に含まれるイソフラボンは薄毛の原因となる男性ホルモン「テストステロン」の分泌を抑えます。また大豆は新陳代謝を促進させるビタミンB2も含むため頭皮環境の改善にも有効です。さらに「ナットウキナーゼ」という成分には血液サラサラ効果があり、頭皮の血行促進に役立ちます。

  • 焼きのり

    ビタミンCが多く含まれる焼きのり。ビタミンCはコラーゲン生成に必要で、丈夫な血管や頭皮の元になります。また抗ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンの合成を促すことから、ストレスによる抜け毛予防にも役立つと言われています。さらにビタミンA、ビタミンB2も含まれるので薄毛対策には最適です。

  • 生牡蠣

    髪の主成分であるたんぱく質は、亜鉛が不足するとうまく生成されません。生牡蠣には亜鉛が多く含まれているので、薄毛対策に有効と言われています。

  • ナッツ類

    髪の主成分・たんぱく質を多く含むほか、髪の成長に必要なビタミンEも含まれています。ビタミンEは毛細血管を広げて血行を良くしてくれ、栄養素を頭皮に届けるのをサポートしてくれる成分なのです。

  • 大豆

    納豆の原料でもある大豆は植物性タンパク質が豊富で、髪を作るもととなってくれます。大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをするとされており、男性のAGAにも効果が期待できる成分。大豆イソフラボンには、男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を作り出す酵素を抑制する働きがあるとも言われています。

  • 緑黄色野菜

    AGA治療のためには、男性ホルモンのコントロールと同時に頭皮環境を整えることも大切です。緑黄色野菜に含まれるビタミンAは、頭皮の健康をサポートしてくれます。ビタミンAは頭皮の乾燥を防ぐほか毛穴を清潔に保つ働きを果たすため、髪が生えやすい環境に導いてくれるでしょう。緑黄色野菜はその他の栄養素もたくさん摂れる、おすすめの食材です。

  • フルーツ

    AGAが進行してしまう原因のひとつに、頭皮が活性酸素の攻撃を受けることで髪が育ちにくくなってしまうことがあります。頭皮を整えるには、ビタミンCを多く含むフルーツがおすすめ。ビタミンCは活性酸素を除去する抗酸化作用が強く、健康な髪の生成や頭皮環境の整備に役立ってくれます。その他のビタミン群やミネラルなども豊富です。

  • 海藻類

    健康な髪を生やすためにはタンパク質の合成が必要であり、その働きを助けるのがミネラルです。海藻類はミネラルを豊富に含んでおり、元気な髪を育てる酵素の働きを助けてくれます。また、ヘアケア製品にも使用されるクロロフィルaという物質も含有するため、タンパク質と結合して髪を強くする効果を期待できるのです。

  • 鶏肉

    髪の原料となるタンパク質はアミノ酸の結合によって生成されます。なかでも必須アミノ酸はタンパク質の合成に不可欠。しかし体内では必須アミノ酸を作り出すことはできず、食品から摂取しなければなりません。鶏肉にはこの必須アミノ酸が豊富に含まれ、健康な髪の生成に役立ちます。また、ビタミンB6が頭皮や髪の健康を維持してくれるでしょう。

薄毛進行させてしまう食べ物は…

薄毛をより進行させてしまう可能性のある食べ物には、どんなものがあるのでしょう。なぜ薄毛対策に良くないのかも併せて説明しています。

  • 漬物や明太子、塩辛など
    (塩分の多い食品)

    塩分の過剰摂取は血流を悪くしてしまう傾向にあり、頭皮に悪影響を及ぼす可能性が高いです。漬物やイカの塩辛、明太子など塩分を多く使った食品は、食べ過ぎに注意しましょう。

  • チーズや脂身など(脂分の多い食品)

    脂分を多く摂り過ぎると頭皮の皮脂が過剰に分泌され、毛穴の詰まりやフケ、頭皮の炎症などの原因となって頭皮環境に良くありません。とくに動物性脂肪は頭皮に悪影響を与えるので摂り過ぎないようにしましょう。

  • 唐辛子など(刺激物)

    辛くて刺激の強いものを多く摂ると、頭皮が汗をかくことによって頭皮に脂が溜まり、毛穴が詰まる原因となります。刺激物の摂取はほどほどにしましょう。

  • お菓子やジュースなど(糖質が多い食品)

    糖分の多い食品も、頭皮の皮脂分泌を過剰に促すので薄毛対策にはNGです。食べ過ぎ・飲み過ぎには注意しましょう。

  • アルコール類

    過剰にアルコールを摂ると、髪の元となるたんぱく質を作る肝臓に負担がかかり、髪に十分な栄養が行き届かなくなります。肝臓に負担がかかると血流悪化にもつながるので、飲みすぎには注意しましょう。

最新の薄毛治療はAGA治療薬を使わない!?

page top