薄毛治療ガイド > 【特集】今注目したい最新の薄毛治療

特集注目したい
最新の薄毛治療

知らなければ損!画期的な薄毛治療とはどんなもの?

これまで、薄毛(AGA)治療で用いられてきた方法は、「飲み薬」「塗り薬」の2種類でした。それらの治療には副作用が生じる可能性があります。今、副作用の心配がない「血流改善ガス治療」が注目されています。はたしてどのような治療法なのか解説します。

注目最新薄毛治療
血流改善ガス治療とは

  • 血流改善ガス治療とは

    髪も体の一部。頭皮に埋まっている毛根・毛母細胞などから酸素や栄養を得られなければ、成長はおろか毛髪の維持も難しくなってしまうのは当然のことです。薄毛(AGA)治療で用いられている飲み薬には血流を促進するものがありますが、体中に回ってしまい、発毛・育毛以外の“副作用”が悩みでした。その心配を取り除くため、頭皮だけの血流促進を目的とするのが「血流改善ガス治療」です。

  • 血流改善ガス治療のメリット

    血流改善ガス治療は、頭皮の血流を促す特殊なガスを頭皮に直接注入します。そのガスは施術後数分経過すると頭皮部分からなくなってしまいます。このことから、身体への負担はほとんどありません。また、効率よく頭皮のみに血行促進が可能です。これまで持病や体質で薄毛治療をためらっていた方にも、不安なくチャレンジしてもらえる治療法です。

血流改善ガス治療

栄養療法画期的効果

体のすべての細胞に栄養分を届ける毛細血管は、全身の血管のなんと99%を占めることがわかっています。当然頭皮にもこの毛細血管が張り巡らされていますが、心臓から一番遠い頭頂部・生え際で薄毛を経験しやすいのは、血流がよくないことも原因のひとつです。頭皮毛細血管の血流を活発にし、同時に頭皮や毛髪に必要な栄養素を注入できれば、より高い薄毛改善効果が期待できます。さらに、飲み薬にありがちな副作用(EDや血圧上昇)を心配する必要がありません。これが「血流改善ガス治療」+「栄養療法」の優れた点で、「早めに効果が実感できた」と話す方も多い治療法です。

  • 血流改善ガスを頭皮に直接浸透

    頭皮の外から塗る育毛剤と違って、頭皮の内部に直接浸透させるので、高い血流改善効果が期待できます。

  • 毛根に栄養が浸透

    血流改善ガスの効果で頭皮の血流が増加しているので、栄養がきちんと毛根まで運ばれます。

  • より高い効果を得られ、効果を実感

    血流改善ガス治療と栄養療法を合わせることで、より効果を高めることができます。

その他最新薄毛治療

  • 幹細胞治療

    毛包が何らかの理由で働きを停止したり、最悪の場合死んでしまった場合、正直なところその毛髪はあきらめなくてはなりません。しかしながら、毛包を刺激する幹細胞(成長因子)を頭皮に注入することで、頭皮細胞は再生します。健康なヒト由来幹細胞を培養する際に産生される幹細胞成長因子を用い、退化しはじめた毛包をよみがえらせる幹細胞治療は、薄毛のみならず、美容外科治療の最前線でも用いられている治療法で、毛包のDNA合成を促します。

  • PRP毛髪再生療法

    薄毛患者自身の血液を採取し、遠心分離機で血小板(PRP組織)を取り出し、患者の患部(薄毛部分)に注入する薄毛治療法です。頭皮と毛髪にかかわる細胞の細胞分裂を促し、増毛・育毛効果を得ようとする手法ですが、患者自身の血小板を濃縮したものですので、移植手術などにありがちな拒絶反応もありません。そもそも、ケガの傷治療や美容外科の分野でも行われてきた治療法ですので、その効果はすぐに推測できるというものです。幹細胞療法と同じ、成長因子を使用した治療法に分類されます。

  • ヘア・クローニング

    毛髪の“原料”である細胞を抱えている「毛包」。この毛包を薄毛で悩む患者から採取し培養、再度頭皮に送り込むのが「ヘア・クローニング」です。クローンといえば、同じモノ(動物や人間)を同じ細胞からコピー作成することを思い描いてしまいますが、そのような遺伝子操作的なことではなく、細胞レベルのお話です。「自分自身の細胞なら安心」と感じますが、一旦体外に取り出された細胞が再度体内に入った時に、悪影響が出ないかはまた別の話で、現在安全性のチェックが繰り返されているところです。

page top