帽子をかぶるとハゲやすい?

A.帽子をかぶってもハゲません

「帽子をかぶり続けているとハゲやすくなる」と考えている方は多くいます。しかし実際のところ、帽子自体がハゲる原因になることはありません。むしろ、うまく活用することでハゲを防ぐこともできます。

その理由は、帽子が日々のダメージから頭皮を守ってくれるため。ただし、自分に合った帽子選びや適切なかぶり方に気を付けなければ、薄毛を進行させかねないため注意が必要です。このページでは帽子とハゲの関係について紹介します。

帽子頭皮るのに効果的!

直射日光から頭皮を守ってくれる

頭皮は、直射日光の影響を受けやすい箇所です。直接日差しを浴び続けると、頭皮は熱を持って温度が上がりすぎてしまいます。すると頭皮の健康は失われ、髪がどんどん弱ってしまうのです。頭皮が健康な状態でなくなると、髪が元気に育つ土壌を作ることも難しくなります。その結果、育たなくなるだけでなく抜け毛をも招いてしまい、ハゲが進行するのです。このとき帽子をかぶれば、直射日光を避けられて頭皮の健康に繋がるでしょう。

紫外線から頭皮を守ってくれる

日光に含まれる紫外線もまた、頭皮や髪にダメージを与える存在です。紫外線を浴びると、頭皮は身を守るために皮脂を多量に分泌し、皮脂は時間とともに酸化していきます。酸化した皮脂は毛穴を詰まらせてフケを発生させたり、炎症を起こしたりと、抜け毛を進行させる要因です。また紫外線が頭皮の奥に届くと、毛母細胞にもダメージを与えてしまいます。頭皮が紫外線を浴びるのをブロックするため、帽子をかぶってトラブルを回避しましょう。

寒さや乾燥から頭皮を守ってくれる

上記では、直射日光や紫外線が強い時期に起こりやすいトラブルをご紹介しましたが、これらが弱まる冬場にも頭皮トラブルは起こり得ます。冬場は空気が乾いているため、頭皮も乾燥しがちです。乾燥は髪を育てる力をなくし、ハゲる原因となりかねません。さらに寒さで血流が悪くなれば、ますます頭皮環境にダメージを与えて髪は育ちにくくなるでしょう。冬場に帽子をかぶることで保湿や保温ができるため、乾燥・寒さから頭皮を守ってくれるのです。

間違った帽子かぶり方ハゲになる…

蒸れる

帽子をかぶり続けていると、通気が悪くなり頭皮が蒸れた状態になります。蒸れは頭皮に雑菌を繁殖させ、湿疹や炎症を引き起こす原因。これらのトラブルが起きた頭皮は髪が生えにくく、また抜けやすくなってしまいます。つまり頭皮を守るつもりで帽子をかぶり続けると、かえってハゲを助長させかねないのです。帽子を着用する際は、こまめに帽子を脱いで通気をよくしたり、汗をかいたらきちんと拭いたりといったことを意識しましょう。

血行不良

頭皮を守るためには、自分の頭に合った帽子を選ぶことが大切です。適切なサイズより小さな帽子をかぶると頭が締め付けられ、血流は滞ってしまいます。頭皮への血流が鈍ると、髪や頭皮に必要な栄養素が運ばれず毛根が髪を育てられなくなります。血行不良はハゲの要因のひとつであり、帽子がその引き金になることもあるのです。そのため帽子を選ぶときはフィッティングをして、締め付けのないものを選ぶようにしましょう。

摩擦が起こる

これも特に小さめの帽子をかぶり続けることで起こりやすいのですが、頭皮や髪への摩擦も避けたいところ。摩擦が直接育毛を阻害したり、抜け毛を進行させたりするわけではありません。しかし、摩擦により頭皮にすり傷のようなものができ、頭皮環境が悪化することも考えられます。このような状態に陥ると髪が育ちにくくなる、あるいは抜け毛が進行するなどのトラブルの可能性も。とはいえ、自分に合った帽子を選べば摩擦は起きにくいため、過度に心配する必要はないでしょう。

結論

帽子正しくかぶれば
ハゲ予防できる

上のように間違ったかぶり方をすればハゲにつながりますが、正しくかぶれば、帽子はハゲを予防してくれます。一番初めに説明したように、帽子は頭皮や髪を守ってくれるものだからです。
では、正しい帽子のかぶり方はどのようなものなのでしょうか?以下に、ポイントをいくつか挙げてみました。

  • 通気性の良い帽子を選び、適度に換気をする

    上で説明したように、頭がムレて頭皮環境を悪くしないよう、通気性の良い帽子を選びましょう。また、長時間かぶり続けないなど、換気を心掛けることも必要です。

  • 締め付けの強い帽子はかぶらない

    締め付けの強い帽子は、頭のムレにつながるほか、頭皮の血行も悪くするおそれがあります。適度にゆとりのある帽子を選びましょう。

  • 寝る前に頭を洗う

    帽子をかぶって1日過ごした後は、必ず洗髪をしてください。夏はもちろん、冬場でも頭皮に汗をかきます。その汗を放っておくと頭皮環境を悪くするおそれがあり、ハゲの原因になりかねません。また、頭はもちろん帽子を清潔に保つことも重要。使った後は必ず乾燥させ、気になるときは洗濯・除菌も行ないましょう。

  • 室内でかぶらない

    よほど室内が寒いときは仕方ありませんが、そうでなければ室内で帽子をかぶるのは控えましょう。頭がムレて汗が溜まってしまいます。しつこいようですが頭皮には適度な換気が大切なので、直射日光や紫外線が当たらず寒さもある程度しのげているのであれば、室内では帽子をとっておきましょう。

以上のポイントを心掛け、帽子と上手に付き合って薄毛を予防しましょうね!

最新の薄毛治療はAGA治療薬を使わない!?

薬を使わない最新の薄毛治療

そのほか関連記事てみる

page top