頭皮年齢って何のこと?

頭皮年齢と薄毛の関係とは…?

頭皮年齢と薄毛の関係について、くわしく解説しているページです。頭皮年齢のセルフチェック方法や、頭皮年齢を改善するためにおすすめの治療法なども紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

頭皮年齢さが薄毛こす!?

「肌年齢」というのはよく聞きますが、「頭皮年齢」もあるってご存知でしょうか?頭皮年齢を判断するカギは、水分量と柔軟性。頭皮年齢が若いほど、頭皮の水分量が多く、頭皮に柔軟性があります。水分を多く含み柔らかい頭皮は血行が良く、髪の毛に栄養分が行き届きやすくなります。その結果、健康で若々しい髪の毛が生えてくるのです。これが、“頭皮年齢が若い”という状態です。
反対に水分が少なく硬い頭皮は、“頭皮年齢が高い”状態。薄毛を引き起こしやすい状態にあると言えます。

自分頭皮環境セルフチェック!

自分の頭皮環境は、3つのポイントをチェックすることで大まかに把握できます。以下に、その3つのポイントをまとめてみました!

  • 頭皮の色をチェック

    自分の頭皮が薄く青みがかった色をしているなら、比較的健康だと言えるでしょう。黄色に近い場合は、皮脂が酸化している可能性があります。脂っこい食事を摂りすぎていないか?しっかり頭を洗えているか?思い返してみてください。最後に赤っぽい色の場合は、頭皮が炎症を起こしている可能性があります。マッサージ後などで一時的に赤くなっているなら問題ありませんが、常に赤っぽいのであれば危険信号です。

  • 頭皮の柔らかさをチェック

    理想は、こめかみぐらいの柔らかさです。目安として覚えておいてください。頭皮は、柔軟性がないと毛根の活力が弱まっていずれ死んでしまいます。日頃から頭皮マッサージを行ない、常に柔らかさを保てるようにしましょう!

  • 抜けた髪の毛の毛根をチェック

    自分の抜け毛は常日頃チェックする習慣をつけましょう。見るべきは根元。健康的な自然脱毛の毛根は白く丸い球根のようになっていますが、この部分が細いと、毛根が弱っている証拠です。

一般的頭皮年齢目安画像チェック!

20代~50代まで、各年代の一般的な頭皮を500倍に拡大した画像を集めました。

  • 20代頭皮

    赤いヒモ状の毛細血管がびっしり赤いヒモ状の毛細血管がびっしり

  • 30代頭皮

    毛細血管を確認可能だが、数は減少…毛細血管は確認可能だが、数は減少…

  • 40代頭皮

    ほとんど毛細血管を確認できないほとんど毛細血管を確認できない

  • 50代頭皮

    毛細血管が確認できず、栄養が行き渡っていない毛細血管が確認できず、栄養が行き渡っていない

画像を見て分かるように、年齢を重ねるにつれて毛細血管の数が減っていき、頭皮の血流が悪くなっていきます。つまり毛細血管の減少(血流悪化)と薄毛には、明確な関係性があるというわけです。
だからこそ年齢を重ねるにつれ薄毛に悩む人が多くなるのですが、なかには、実年齢に比べて頭皮年齢が高い人がいます。たとえば、まだ20代なのに頭皮年齢が50代と同程度の状態になっており、薄毛に悩んでいる…というケースです。
血流が悪いと毛根まで十分な栄養を運ぶことができないため、どんな有効的な薄毛対策を行なったとしても期待するような効果は得られません。ですのでまずは、頭皮年齢を本来の20代まで戻すことが必要なのです。
頭皮年齢は、頭皮環境を改善することによって、若返らせることができます。いま現在頭皮年齢が高くても、頭皮環境をしっかりと改善してあげれば、頭皮年齢を若返らせて薄毛対策をすることもできるのです!

結論

頭皮の血流を改善させる
「血流改善ガス治療」

頭皮年齢を若返らせる方法として、一番おすすめなのが「血流改善ガス治療」です。これは、血流の悪い部分にオリジナルの血流改善ガスを注入し、血流を改善させるという治療法(「恵比寿美容クリニック」で実施しています)。 血流改善ガスを注入することで頭皮から酸素が追い出され、一時的に毛根周辺が酸欠状態になります。すると頭皮に酸素を補給する必要が出てくるため、私たちの身体は酸素を運ぶために血管を広げ、血流を改善させようとします。このメカニズムにより、頭皮の血流が良くなるのです。

  • 頭皮年齢50代の人が血流改善ガス治療を行なうと…

    • 治療前50代治療前の頭皮写真
    • 治療後50代治療後の写真

    毛細血管がまったく確認できなかった頭皮年齢50代の人も、血流改善ガスを注入したことで、頭皮の血流がハッキリと改善されていますね。この状態の頭皮なら、他の薄毛治療もより高い発毛効果を発揮できます!

そのほか関連記事てみる

page top