AGA治療薬って副作用があるの

AGA治療薬の副作用を徹底リサーチ!

AGA治療薬の副作用についてくわしく解説しているページです。主なAGA治療薬の概要と、その副作用をリサーチしてまとめているので参考にしてください。また、副作用の心配が少ないAGA治療についても紹介しています。

副作用発生する可能性もあるAGA治療薬

AGA治療薬の代表的な存在である「プロペシア」や「ミノキシジル」。薄毛やAGAについて調べたことがある人なら必ず耳にしている名前だと思います。
どちらも優秀な治療薬ではありますが、やはり薬なので、人によっては副作用が発生することがあります。その症状は薬によってさまざまですが、以下のようなものが挙げられます。

  • 性欲減退
  • 勃起機能の低下
  • うつ症状
  • 精子減少
  • 頭皮のかゆみ
  • 身体のむくみ
  • 肝機能障害など

AGA治療薬とその副作用

以下に、主なAGA治療薬の概要と、その副作用についてまとめてみました。

  • プロペシア

    AGA治療薬としてとくに知られているプロペシア。多くのクリニックでこの治療薬の使用が検討されます。副作用については、よく言われるのが性欲減退と勃起機能低下。この程度の副作用であれば日常生活に支障はなさそうですが、なかには、めまいや肝機能障害といった症状が引き起こされる場合もあるのだとか。身体の異常を感じたらすぐに医療機関へ行きましょう。また、覚えておきたい注意点として、“女性と子どもに有害”という点があります。子どもを作ろうとしている時期などは、しっかり休薬期間を設けてください。プロペシアの影響を完全に排除するには、使用を止めてから3ヶ月以上空けることが推奨されているようです。

  • ミノキシジル

    血管拡張作用のあるミノキシジルは、毛包に直接作用して頭皮の血行を促進してくれます。血行が良くなれば髪の毛に栄養が行き渡り、発毛も促進されるというわけです。ミノキシジルは製品名ではなく成分の名前であり、ミノキシジルを含んだ育毛剤「ロゲイン」や、ミノキシジルタブレットといった内服薬などがあります。副作用としては以下のような症状が出る可能性があり、育毛剤などの外用薬は直接頭皮に塗り込むためかぶれを起こすこともあるようです。

    • 低血圧
    • 多毛症
    • 動悸
    • ニキビ
    • 肌荒れ
    • 性欲減退
  • ザガーロ

    イギリスに本社がある製薬会社「グラクソスミスクライン」が2016年から製造・販売しているAGA治療薬です。プロペシアと同様、「5αリダクターゼ」という還元酵素を抑えてくれる作用があり、AGAの進行をくい止める効果が期待できます。そして注目すべきは、その効果がプロペシアの1.6倍と言われているところ!ザガーロの使用で、よりAGAの進行を抑えることができるというわけです。副作用については、以下のような症状が出る可能性があります。

    • 勃起不全
    • 性欲減退
    • 射精障害
  • アボダート(アボルブ)

    アボダート(アボルブ)は日本においてはAGA治療薬としての認可が下りていませんので個人輸入しか入手手段がありません。しかしAGA治療効果は非常に高く、多くのAGA患者に支持されています。
    多くの人に指示されている反面、副作用も多く報告されています。報告にあるのは以下のような副作用です。

    • 性欲減退(精液の減少なども)
    • 勃起不全
    • 乳房肥大...etc

    ちなみにこちらのアボダートはステロイド系の医薬品となりますので長期間使用することによって耐性がつく場合があります。 その時は摂取量を増やすなどの対応でてくるのですがその分副作用のリスクが高まるので注意が必要です。

AGA治療薬クリニックでの処方入手すべき

個人輸入で治療薬を購入する人もいるようですが、個人の判断で購入して治療薬を使うのにはさまざまなリスクが伴います。クリニックで医師の診察を受け、きちんと処方してもらうことを強くおすすめします。
以下に、個人輸入でAGA治療薬を使うことの主なリスクを挙げてみました。

  • 副作用のリスクが高まる

    クリニック処方の場合は臨床試験などしっかりとした検査をクリアしていますが、個人輸入の場合は日本での扱いが認められていないものもあります。そもそもAGA治療薬には副作用がありますが、その危険性がさらに高まると言えるでしょう。

  • 症状に合った薬か分からない

    医師の処方を受けていない個人輸入での服用では、本当に自分の症状に合った薬なのか判断のしようがありません。体質に合うかどうかも不安です。また、医師の処方や指示を受けていない服用には、他の薬との飲み合わせによる危険などもリスクとして付き物です。

  • 偽物や粗悪品の可能性がある

    個人輸入のリスクとして拭えないのが、偽物や粗悪品の可能性。たとえば、記載されていない成分が含まれている、用量が極端に少ない、といったケースが可能性として考えられます。個人輸入をする際には、一番気を付けたいところです。

  • 届いた商品が破損している可能性がある

    個人輸入の場合、届いた商品が破損しているという場合もあります。一概には言えませんが、国外の商品は雑に扱われていることも多く、たとえば箱がヘコんでいたり、傷が付いていたり…ということも珍しくありません。国内での購入と同じ感覚でいるとショックを受けることもあるので、そのようなリスクは覚悟しましょう。

  • 届くまでに時間がかかる

    最後に、手元に届くまでに時間を要するという点が挙げられます。薄毛でお悩みの方にとっては、すぐに治療できないというのはストレスを感じてしまうでしょう。発売されている国以外の場所から発送されることもあり、税関なども含め、かなり時間がかかることもあるようです。個人輸入のデメリットとして覚えておきたいところです。

結論

副作用危険性ない
AGA治療もあるの

上で紹介したように、プロペシアやミノキシジルなどの治療薬は、AGA治療において定番のものです。しかし、薬なのでどうしても副作用があります。

そこで、副作用のリスクが心配な人におすすめしたいのが、「血流改善ガス治療」です。これは、血流の悪い部分にオリジナルの血流改善ガスを注入し、血流を改善させるというもの。血流が良くなることで頭皮年齢を若返らせることができ、薄毛の改善・予防や薄毛治療の効果アップなどが望めるとして注目されているのです。 副作用の危険性が少ないAGA治療「血流改善ガス治療」については、コチラでくわしく紹介しています!

そのほか関連記事てみる

page top