BENEV

薄毛治療の「全部入り」?BENEVって何だろう?

薄毛治療にもどんどん新しい薬や技術がもたらされています。その中でも近年話題となっているもののひとつが「BENEV」です。BENEVとは何か、効果が現れる仕組みや副作用など、気になることをまとめています。

BENEVとは?

BENEV(ベネブ)とは、アメリカBENEV社と大学との研究により生まれた、成長因子を用いた育毛剤です。薄毛が気になるところに注射をするという治療法です。使用しているのはヒト由来の成長因子ですので、吸収率が高いとされています。このことから、注射のみならず、ダーマローラーやダーマスタンプ、エレクトロポレーションといった他の方法でも頭皮を通過させることができるところがポイントです。痛みが苦手な方でも、成長因子を用いた治療法にチャレンジしやすいと人気が出ています。

  • ヒト由来の成長因子を使用する最新の治療方法

    BENEV社は医療分野に関する認可基準が厳しいアメリカで、日本での厚生労働省にあたるFDAの認可を受けた製造業者。再生医療分野で著名な医師が開発に携わっており、安全性が高いことで定評があります。

    BENEV療法は毛髪の再生に有効な成長因子を頭皮に注入することで、毛髪の再生を促すもの。成長因子はグロースファクターとも呼ばれます。これはもともと人間の幹細胞から抽出されたものなので、安心で効果が得られやすいとされます。

    幹細胞から採取できる成長因子はさまざまな種類がありますが、BENEVにはKGFが多く含まれているのが特徴。KGFはケラチン細胞増殖因子のことで、髪の毛や皮膚を形成する際に必要なケラチンの生成を補助してくれることで知られています。

  • BENEV治療で期待できるのは

    頭皮に薬剤を注入するという点では、BENEV治療もHARG療法やメソセラピーと近いものがあります。ほかの治療と比べて、BENEVにはどのような特徴があるのでしょうか? その効果や作用について説明します。

血行を促進して頭皮に栄養と成長因子を届ける

BENEV治療の主な役割は「頭皮の血流を促進させること」です。頭皮の血行が悪くなると、髪の毛の成長に必要な酸素や栄養が届きにくくなるため、薄毛の原因となります。少し話は変わりますが薄毛に悩んでいる人でも側頭部には毛があるというケースが少なくのはなぜでしょう。じつは、側頭部に太い血管があって栄養が運び込まれるのがその理由です。だから、頭皮の血流はとても重要。BENEVに含まれるbFGF(線維芽細胞増殖因子)は主に血管に作用する成長因子ですから頭皮の血流を促進させて、十分な栄養を送り込めるようになります。

毛母細胞を活性化させる治療

BENEVには毛母細胞を活性化させる機能もあります。毛母細胞は毛髪の一番深い場所にあり、髪の毛の生成に大きくかかわっている細胞です。BENEVに含まれるIGF(インスリン様成長因子)には、毛母細胞を細胞分裂させる役割があります。毛母細胞が元気になることで、薄毛の解消が期待できるでしょう。さらにBENEVには毛包活性化の役割があるHGF(肝細胞増殖因子)も含まれています。これらの成長因子が育毛を促進してくれるのです。

BENEV効果効能

  • 頭皮に成長因子を注入し、毛髪の再生を促す

    頭皮に成長因子を注入するところまではメソセラピーやHARG療法と似ています。メソセラピーで用いられる成長因子は、インスリン様成長因子・線維芽細胞増殖因子・血管内皮増殖因子などです。一方BENEVに配合されている成長因子はヒト由来です。そのことから、吸収がスピーディー、なおかつ人体へのなじみがよいものです。臨床実験の結果では、3ヶ月で約42%の患者に毛髪の再生がみられた、約33%の患者には髪が太くなったという結果が得られています。

  • 男性も女性も受けられる薄毛治療

    BENEVの成長因子は、毛包を、活動を終えた古いものから新しいものへと置き換える肝細胞です。傷ややけどを原因とする体表治療にも応用されている技術です。男性のみならず女性にも使える薄毛治療法として用いることが認められているうえ、費用もHARG療法などの「注射治療」より低く抑えることができるので、費用の面で心配をしている方に注目されています。

BENEV特徴

  • 効果は実証済み! 期待しやすい治療法

    成長因子を注入する治療法はほかにもありますが、BENEVの最大の特徴はヒト由来の成長因子であることです。そのため吸収がスピーディーで、人体にもなじみやすくなります。BENEV社の発表によると、72人の臨床実験において、42%が発毛、33%が毛髪の太さ、72%が脱毛の進行の停止を認めるという結果が得られました。これはBENEV単独使用の結果です。ほかの医薬品を配合していないことから、副作用は一例もありませんでした。

  • 男性も女性も受けられる薄毛治療

    BENEVの特徴のひとつに男女ともにもっている成長因子を体内に取り入れることで発毛を促すものなので、性別に関係なく受けられることが挙げられます。薄毛治療は主に男性ホルモンへのアプローチが多いため、女性には受けられない治療もありました。これに対してBENEVは再生治療ですから、性別による制限がなく誰でも安心できます。

BENEV費用相場

  • 自由診療なので保険は適用されない

    クリニックでBENEV治療を受けるとき、保険は適用されません。自由診療であることから、費用はクリニックにより異なります。平均的な費用は1回あたり50,000円~70,000円です。人により、週に1~2回の治療が必要といわれています。

BENEV副作用

  • 拒絶反応やアレルギー反応

    報告は少ないものの成長因子を注入に伴い拒絶反応やアレルギー反応を引き起こすことがあるそうです。施術後に拒絶反応やアレルギー反応により頭皮にかゆみや痛み、腫れなどを起こす場合がありますがこのような症状が出た場合にはすぐに医師に相談するようにしましょう。

  • 初期脱毛

    BENEV療法では副作用として初期脱毛が発生する場合があります。軽度の初期脱毛であるならば髪の毛を生やす際の準備なので特段気にする必要はありません。しかし大量髪の毛が抜けるようなら早急に医師に相談が必要です。施術後は抜け毛に関しても注意が必要です。

BENEV療法がおすすめできない人とは?

  • 1、悪性腫瘍がある人

    現在悪性腫瘍がある、もしくは今まで過去に悪性腫瘍があった人はBENEV療法によって悪性腫瘍を巨大化させる可能性があるため医師に相談のうえ使用を控えるようにしましょう。

  • 2、肌が敏感な人

    痒みを伴う場合があるので事前に医師に相談しましょう。

  • 3、アレルギー体質の人

    アレルギー体質の人がBENEV療法によって成長因子にアレルギー反応を示すことががあります。ですのでBENEV療法は極力行わない方が良いです。 どうしても行う場合は事前に医師と話し合い上で行ってください。

副作用のない薄毛治療ススメ

副作用がない、血流炭酸ガス治療とは?

成長因子を頭皮に直接注入する治療法であるBENEVは、比較的効果が高いものとして認知されています。とはいえ、悪性腫瘍が肥大化する可能性がありますので、「2人に1人はがんを経験する」とされる日本人にとって、少々悩ましいものかもしれません。
一方で副作用のない薄毛治療法「血流改善ガス治療」は、不安なく治療を受けることができます。

クリニックの薄毛治療についてもっと知ろう

page top