HARG療法

ダイレクトかつ安定人気?の「HARG療法」って何だ

薄毛(AGA)治療に取り組もうと考えている方にとって、心動かされる治療法のひとつに「HARG療法」があるのではないでしょうか。効果のほどや治療の実際、費用面のこと、副作用があるのか・ないのかなどをまとめています。

HARG療法とは?

頭皮に直接薬剤を注入することで、内服薬や外用薬よりも効果的に薬効成分を届けることを目的に行われる治療法です。ヒト肝細胞に含まれるAAPE(肝細胞たんぱく質抽出物)をベースに、クリニックにより異なる他の有効成分を配合した「カクテル」を頭皮に注射します。頭皮内で休眠状態にあったり、毛髪サイクルを乱している状態の毛根(毛包など)を目覚めさせ、正しく働くよう促します。いわゆる「毛髪再生医療」の位置づけで、男性のみならず女性にも効果があります。

HARG療法効果効能

  • 肝細胞などの成長因子を頭皮に直接注入

    プロペシアやミノキシジルのような服用薬は、全身に薬剤が回ってしまいます。それとは異なり、HARG療法は、頭皮の気になる部分に直接肝細胞などの成長因子を直接注入することにより、軽度から重度の薄毛に効果があるとされています。副作用も他の療法より少ないとされていますし、使用する「カクテル」は肝細胞(ヒト脂肪由来のたんぱく質抽出物)ですので、毛包などの“毛髪のモト”を効果的に刺激することができます。活動休止した毛根・毛包などにまでその効果は及び、正しい毛髪サイクル「退行期」「休止期」「成長期」を取り戻すことができるのです。
    薄毛は、毛髪サイクルのうち「成長期」が短くなり、髪がやせ細り、最終的に抜け落ちて「休止期」に入ることで生じます。HARG療法は、乱れた毛髪サイクルを正すことを目的とした治療法で、なおかつ頭皮からのアプローチにより、その効果を高めているのです。

HARG療法費用相場

  • 自由診療のため保険の適用はなし

    HARG療法は自由診療ですので、保険は適用されません。クリニックにより費用のばらつきがあるのはそのためです。またクリニックにより「カクテル」の配合も異なります。平均的な費用は、半年を1クールとして100万円から150万円ほどです。

HARG療法副作用

  • 施術時の痛み

    頭皮に直接注射を行う治療法ですので、「痛み」がデメリットとして上げられます。麻酔や冷却によって痛みをカバーすることもあります。

  • 費用が高い

    効果の高さで知られるHARG療法は、一方その費用の高さでも認知されています。

  • 感染症の危険

    今のところ副作用はないとされていますが、他人の肝細胞抽出物を使用することから、感染症などがないとは言い切れません。

使用上の注意点

  • 抗がん剤治療を受けている人はNG

    HARG療法が「効果が高い」とされているのは、成長因子を利用しているからです。もしもがんが見つかっている方、現在抗がん剤を使用している方がHARG治療を受けた場合、がん細胞が成長(患部肥大)してしまう可能性があります。

副作用のない薄毛治療ススメ

副作用がない、血流炭酸ガス治療とは?

いくら効果が高くても、「費用面」「副作用面」で心配のある薄毛治療を受けることに抵抗感を覚える方も少なくないでしょう。そのような方にとって、「血流改善ガス治療」は新たな選択肢となります。

クリニックの薄毛治療についてもっと知ろう

page top