ミノキシジル

発毛促進の「決定打」?ミノキシジルの効果・副作用は

AGA(薄毛)治療に用いられる薬剤には「ミノキシジル」があります。ミノキシジルはそもそも高血圧の患者さんに処方されていましたが、副作用として「体毛が増える」ということがありました。頭皮への外用薬に転用した試験では「効果あり」とされたのです。

ミノキジシルとは?

ミノキシジルは、内服する「タブレット」、頭皮にすり込む「外用薬(リキッドないしはゲル)」の2種があります。そもそも高血圧患者用の薬剤であったため、クリニックによっては内服薬を用いず、外用薬にシフトしているケースもあります。市販品の育毛剤にもミノキシジルを含むものがありますが、クリニックで処方されるのはより濃度が高いものです。
プロペシアは薄毛予防に効果はあるものの発毛の面では弱いため、プロペシアとミノキシジルの併用を勧めるクリニックが多いです。

ミノキシジル効果効能

  • 血流を改善させることで発毛を促す

    ミノキシジルは、血管拡張の効果により血流を促進することが主な効果です。これにより、ヘアサイクルを司る毛乳頭に、発毛・育毛に必須の酸素や栄養素を十分に届けることができるようになります。また、毛母細胞の細胞分裂活性化を促す効果もあるとされていますので、脱毛の抑制というよりも「発毛促進」の面をカバーする薬剤として用いられています。

  • 円形脱毛症や脂漏性脱毛症の人には効果ナシ

    プロペシアとは異なり、男性成人の経験しやすい男性型脱毛症(AGA)とともに、女性に起こる男性型脱毛症にも用いることのできる薬です。しかしながら、ストレスによって起こるとされている円形脱毛症や、頭皮が活発に皮脂分泌する結果として起こる脂漏性脱毛症の人には効果がないとされています。自分自身の頭皮の状態や脱毛の原因を正しく知り、正しく服用・外用するためにはクリニックの受診は不可欠です。個人輸入などで入手し安易に使用してはなりません。

ミノキシジル費用相場

  • 自由診療なので保険が利かない

    プロペシアと同様、ミノキシジルも自由診療の範疇で、保険が利きません。クリニックによりますが、服用タイプのミノキシジルの平均的な金額は1ヶ月5,000円~6,500円です。この費用は、ミノキシジル濃度(2.5mg・5mg・10mgとあります)によっても異なります。

ミノキシジル副作用

  • 低血圧

    そもそもミノキシジルは血管を拡張し血圧を下げる薬でした。そのため、低血圧が副作用として現れることがあります。

  • 動悸、息切れ

    内服薬としてミノキシジルを使用すると、血管を拡張して血流を増やす結果となります。このため、動機や息切れを経験する人もいます

  • 多毛症

    高血圧の薬だったミノキシジルの副作用として多毛症があります。結果的に頭部薄毛対策として用いられるようになった経緯がありますので致し方ないところです。(※服用薬のみの副作用)

  • ED、性欲減退

    正確なメカニズムや副作用の起こるパーセンテージについては明らかではありませんが、一部の使用者がEDや性欲減退を訴えることがあるようです。

  • にきび、肌荒れ

    血管拡張により血流が盛んになると、皮膚の新陳代謝や皮脂分泌も促進されます。このことによりにきびや肌荒れが起きることがあります。

  • 頭のかゆみ

    上記と同じ仕組みで、皮膚の新陳代謝や皮脂分泌も促進され、頭皮がかゆくなってしまうことがあります。

使用上の注意点

  • 内臓に疾患を抱えている人

    ミノキシジルの使用(特に内服)は、内臓疾患をもつ人には危険なケースがあります。特に血圧を落とす薬を飲んでいる人、心臓疾患をもっている人にとっては、とても危険な薬剤といえるでしょう。クリニックで検査しながら使用するか、思い切って服用をあきらめるかしなければなりません。

  • 未成年、高齢者、妊娠・授乳中の女性

    血圧降下剤として用いられていたミノキシジルですので、成長段階にある未成年者や、心臓疾患や血圧の問題を抱えがちな高齢者、妊婦や授乳中の女性の使用は基本的に禁止されています。

副作用のない薄毛治療ススメ

副作用がない、血流炭酸ガス治療とは

クリニックで処方されるミノキシジルは、副作用の面で心配になることが少なからずあります。間違っても個人輸入などで安易に服用することはすすめられるものではありません。もしも副作用のない薄毛治療をご希望なら、「血流改善ガス治療」という方法があります。

クリニックの薄毛治療についてもっと知ろう

page top