パントガール

薄毛女性の強い味方!パントガールの効果や副作用は?

女性の約4割が経験するという「びまん性脱毛」「分娩後脱毛」に対応した内服薬が「パントガール」です。生涯のうち数度は経験するという脱毛に対応したパントガールについて、その効果の現れ方、費用や副作用などについてまとめましたのでご参考になさってください。

パントガールとは?

パントガールとは、女性に多い「頭部が全体的に薄くなる」びまん性脱毛や、出産後のホルモンバランスの崩れからくる分娩後脱毛(総じて女性型脱毛とも呼ぶ)に対応した薄毛治療薬です。女性にとって髪は命、といわれるほど大切なものですし、美しく見せるためにパーマやカラーなどを繰り返しますが、それが抜け毛を起こしてしまうこともあります。
パントガールの試験結果は、服用者の70%が3ヶ月以内に抜け毛が減少した、20%が抜け毛が止まったと報告しています。

パントガール効果効能

パントガールには、以下のような成分が含まれています。

  • パントテン酸カルシウム

    皮膚や毛髪を正常な状態に保つ

  • ケラチン

    皮膚や毛髪を美しく保つ

  • パラアミノ安息香酸

    パントテンと共に摂取することで、白髪対策に(髪の色を生まれながらの色に戻す)

  • ビタミンB1

    神経や筋肉に必要なエネルギーを確保するため、糖の代謝を促進。エネルギーに変換

  • 酵母

    ビタミンB類・たんぱく質・消化酵素を含み、効果的な栄養補給に役立つ

  • シスチン

    毛髪・皮膚・爪などを構成するたんぱく質となる

このように、毛髪や毛髪の色、皮膚を健康な状態に保つための栄養素をバランスよく配合しているのがパントガールです。
男性用薬剤ではカバーできなかった女性型脱毛を防止・予防しながら、皮膚の健康も保てる「一石二鳥」の内服薬で、長期摂取しても問題がほとんどないところもうれしいものです。

パントガール費用相場

  • 自由診療なので保険の適用はされません

    パントガールは、保険適用がされない自由診療の処方薬です。そのため、クリニックにより費用は異なります。平均的なパントガールの費用は、1か月分で7,000円~10,000円です。クリニックにより血液検査やマイクロスコープ検査を求めることがあります。

パントガール副作用

現段階では重篤な副作用は報告されていません。

使用上の注意点

  • 妊娠中・授乳中の女性は控えたほうがいい

    パントガールに含まれる成分は、サプリメントのようなものです。大きな副作用はありませんが、妊娠中・授乳中は念のため避けます。

副作用のない薄毛治療ススメ

副作用がない、血流炭酸ガス治療とは?

男性のみならず、女性にとっても薄毛の悩みは深刻です。効果がありそうだから、と男性用内服薬や外用薬を個人輸入などで手に入れ使用するのは危険です。
副作用のない薄毛治療に興味があるのなら、「血流改善ガス治療」も候補のひとつに入れてください。

クリニックの薄毛治療についてもっと知ろう

page top