自毛植毛

薄毛治療「最後の砦」?自毛植毛ってどんなもの?

自毛植毛といえば、とても「大掛かり」な薄毛治療のイメージがあります。自毛植毛の実際とその効果、副作用や治療費用について知りたい方も多いはずです。このページでは自毛植毛について詳しくご説明していますので、ご参考になさってください。

自毛植毛とは?

自毛植毛とは読んで字のごとし、「自分の毛髪を植え付ける」という治療法です。自分の毛髪を使用するため、見た目の違和感がないという“効果”が魅力的です。また他人の細胞や毛を用いないので、拒絶反応が起きないことが明らかであることもメリットでしょう。とはいえ、一方で「自毛の採取」「植え付け」という外科的処置が必要で、時間や費用、傷跡などのデメリットが存在することも否めません。拒絶反応や感染症といった副作用排除を目指すのか、費用や傷跡といったデメリットをも受け入れられるのか悩ましいものです。

自毛植毛効果効能

  • 自分の毛髪を薄毛部分へ移植

    自分の毛穴(グラフトと呼ばれる)から1~3本の毛を毛根ごと採取し、薄毛が気になる場所へ移植するのが「自毛植毛」です。生え際の後退部分ならば、100~1,000グラフトが必要とされています。皮膚を毛髪のある場所から取り出す「ストリップ法」、切らずに毛髪を採取する「ダイレクト法」に分類されます。いずれにせよ、健康な毛包を選別し、毛包を傷つけずに丁寧に採取、植毛できるかどうかは医師や医師をサポートする技術者の力量に左右されます。
    特に植毛の段階では、自然な毛流れを再現できるか、きちんと定着させることができるのかといった問題も存在します。
    グラフト採取については、毛包を傷つける(ドナーロスと呼びます)を最低限度に抑制するため、ロボットを採用しているクリニックもあります。1時間に500株以上採取できる、とされているこのロボットの誕生により、治療に要する時間も短くなりました。

自毛植毛費用相場

  • 費用に関してはクリニックに要確認

    500グラフトあたり、500,000円~700,000円が自毛植毛にかかる費用です。自毛植毛は保険を用いることのできない自由診療です。外科的手術としての施術ですので、費用面のみならず、手がけた症例数なども参考にしたいものです。

自毛植毛副作用

  • 費用が高額

    副作用と呼べるかは“微妙”なところですが、時間と技術を要するため費用が高いのがデメリットのひとつです。

  • 傷跡が残る

    「スリット法」「ダイレクト法」のどちらを採用しても、採取・植え付けともに頭皮に傷をつけることは共通です。このため、傷跡の心配があります。

  • 手術後の腫れや痛み

    「スリット法」を採用した場合、頭皮を特定のサイズ剥ぎ取り、縫合します。このため、術後に腫れや痛みが現れるのは致し方ないことです。

使用上の注意点

  • 糖尿病や心臓病、皮膚疾患を患っている人はNG

    傷の回復が遅く、化膿しやすい糖尿病の方は自毛植毛を受けられないことがあります。また、心臓疾患を持っている方は身体負担が大きくなることがあります。

  • ドナーとなる毛髪がない人はできない

    当然のことながら、自分自身に採取できる毛髪(ドナー)がなければ自毛植毛を行うことはできません。

副作用のない薄毛治療ススメ

副作用がない、血流炭酸ガス治療とは?

自分の毛髪を使用する自毛植毛は、「根治治療」となりうる可能性を持っています。しかしながら時間がかかる・費用がかかるというデメリット、外科的手術のため受けられない方がいることも心配事となります。
副作用・費用が気になる方は、副作用のない「血流改善ガス治療」を検討してみてはいかがでしょう。

クリニックの薄毛治療についてもっと知ろう

page top