ザガーロ

男性ホルモンを2方向からコントロール?ザガーロとは

最近になって、男性ホルモンコントロールによる薄毛治療の薬として「ザガーロ」が国内承認を受けました。プロペシア(フィナステリド)と同様、男性ホルモンをコントロールする作用があります。特徴や副作用についてまとめましたので、ご参考に。

ザガーロとは?

ザガーロは内服薬で、プロペシア(フィナステリド)と同様、男性ホルモンの「いたずら」で発生する薄毛(AGA)への効果が認められている薬です。海外ではアボルブ(前立腺肥大用)、アボダートとも呼ばれ使用が進んでいますが、近年日本で前立腺肥大用の薬剤として承認、その後AGA治療薬として認められた比較的新しい薬です。
AGA治療の現場ではプロペシア(フィナステリド)よりも効果が高いとして用いられることもありますが、その分服用や取り扱いに関して注意が必要ともされています。

ザガーロ効果効能

  • 男性ホルモンの発生を抑えることで薄毛改善

    ザガーロは、プロペシア(フィナステリド)と似た働きをします。AGAの原因となる男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)を生み出す作用を阻害します。DHT産生には5α-還元酵素が深く関係していますが、プロペシアはⅡ型5α-還元酵素を、ザガーロはⅡ型5α-還元酵素+Ⅰ型5α-還元酵素のふたつを阻害します。このことから、「ザガーロはプロペシアより効果が高い」と言われています。
    しかしながら、その効果の強さゆえ、服用の仕方や副作用に注意が必要とされています。間違っても安易に個人輸入をしたりしてはなりません。自分ひとりでは正しい服用や体調管理ができない上、何かしらの問題が起きたときに対処が難しくなります。

ザガーロ費用相場

  • 男性AGA治療は保険適用外であることに注意

    ザガーロでのAGA治療は自由診療です。保険適用外となります。そのため、クリニックにより薬の価格に幅がありますが、平均的な金額は1か月分7,000円~9,000円ほどです。0.1mgと0.5mgがあり、その含有量によっても費用は変わります。

ザガーロ副作用

  • 性欲減退

    他の「男性ホルモンコントロール系」と同様、性欲減退という副作用が現れることがあります。

  • 皮膚の赤みやかゆみ

    発疹や蕁麻疹、アレルギー様の反応、かゆみや部分的なむくみ(浮腫)が現れることがあります。

  • うつ症状を引き起こす

    女性の更年期症状と似た、「男性性抑うつ気分」が副作用として報告されています。

  • 乳房腫大

    1%未満とごく稀ではありますが、乳房腫大(女性化乳房・乳房痛・乳房不快感)が副作用として報告されています。

使用上の注意点

  • 初期脱毛と中断による再脱毛

    治療開始後、一時的に「初期脱毛」が認められています。中断しても再脱毛することがあります。ヘアサイクル変化に伴う一時的な副作用と考えられます。

  • 肝機能に疾患を抱えている人

    発現頻度は不明ですが、肝機能の異常、倦怠感が副作用として現れることがあります。このため肝機能障害を持つ人には不向きでしょう。

  • 前立腺がんの検査時

    前立腺がん検査の際に注目されるPSA値ですが、プロペシア(フィナステリド)と同様、ザガーロ服用中はこの数値が低下します。

  • 未成年、女性・妊婦はNG

    成長途上にある未成年や、女性また妊婦は触れることすらよくありません。経皮吸収の可能性があります。妊婦が間違って飲んでしまうと胎児に影響を及ぼすこともあり、ときとして胎児の生殖器奇形の可能性があります。

副作用のない薄毛治療ススメ

副作用がない、血流炭酸ガス治療とは?

効果の高そうなザガーロですが、それと引き換えに体を痛めたり、がんの検査に影響が出ることは好ましくありません。また、新しく授かるかもしれない生命への影響も考えられることから、「使用すべきか」と悩む方もいらっしゃるでしょう。
副作用のない薄毛治療法には「血流改善ガス治療」というものもあります。

クリニックの薄毛治療についてもっと知ろう

page top